FC2ブログ

●○ Sopoネットショップ
Sopoネットショップはこちらをクリック↓ sopohpbanner.jpg

●○ プロフィール

sopo(そぽ)

Author:sopo(そぽ)
Sopoとはフィンランド語でかわいいの意味。
見て、香って、使って、
幸せな気持ちになる「しあわせっけん」を
目指して石けんを作ってます。

手作り石けん Sopo

Facebookページも宣伝




●○ カテゴリ
●○ 最新記事
●○ 月別アーカイブ
●○ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム

2010/10/01//Fri * 18:00
●○ヘーゼルナッツオイル

極めて豊かな保湿力を持っています。

また、皮膚の再生を助け、老化防止効果のある
貴重なパルミトレイン酸を24%と豊富に含んでおり、
オリーブオイルやスイートアーモンドオイルの
効果をさらにレベルアップした美容、薬用オイルとして
昔からとても重宝されているオイルです。



★ナッツそのものの良い香りも残っており、
とびきり上等のすばらしい使用感になります。
かなり高価なオイルなのですが、
ナッツ系のオイルの中では最高級と言われてるだけあって
特別感が満載のオイルです。





2010/10/01//Fri * 18:00
●○スイートアーモンドオイル

大きな保湿力がありながら、伸びも良く、
非常に軽い使用感を持っているので、
アロマテラピーのマッサージオイルとしてなど
美容オイルとしても、よく使われる油の一つです。


オイルの絶妙な粘度が、石鹸にしたときに
クリームのようにきめ細かく持ちの良い
ふっくらした泡立ちを生みます。



★泡を立てると、本当にクリーミーで上品な泡になります。
軽い仕上がりなのに保湿力が増すので、とても良いオイルです。





2010/10/01//Fri * 18:00
●○ホホバオイル

皮膚になじみやすく、使用感がさっぱりしているのが特徴です。
水分を保持しつつ皮膚呼吸を妨げないという
上質な保湿膜を作ってくれるので、大きな保湿効果がみられます。

オイルと呼ばれていますが、
実際は「液体ろう」なのです。
ろうは、皮脂の成分としても含まれているもの。
ですので皮膚の状態を自然に調整し、
皮脂の過度の分泌をおさえる効果もあるようです。

頭皮のマッサージなどにも使われるほどで
使用感の良い、マイルドな石鹸に仕上げてくれます。



★ホホバオイルを使用している石鹸のネーミングに
「贅沢」が多いのは、このオイルの良さを体感しているからかも知れません。
高価なオイルですが、ホホバオイルが入ってるのと入っていないのとでは
使用感が変わってくるくらい優れものです。





2010/10/01//Fri * 18:00
●○ひまし油

粘度がとても高く、水分を引きつけるのが大きな特徴で、
大きな保湿効果があり、マイルドな石鹸になります。
また、非常に持ちの良い大きな泡を立ててくれます。

泡立ちが良いことから、洗髪用石鹸に
使われることも多いようです。



★ひまし油を入れている石鹸は、
本当に泡立ちがとっても良いです。
ちょっと石鹸に透明感が出てしまうので
デザインをつけてる身としてはきれいに出なくなるのが難点ですが
使用する分には、入ってる石鹸はとてもおすすめです。




2010/10/01//Fri * 18:00
●○米(ぬか)油

リノール酸という脂肪酸を含んでおり、
その性質上、泡立ちもよく、さっぱりとした洗い心地になります。

また、抗酸化効果のあるビタミンEや
保湿効果のあるステロール、スクワレン、ろうなどを含んでいるので
独特の保湿力が出て、すべすべと気持ちの良い洗い上がりにもなり
しっとりとした保湿効果を併せ持ちます。

※米ぬかアレルギーをお持ちの方は、ご使用できませんのでご注意下さい。




★ぬるつきは残らないのに、なんだかしっとりしてる感じになって
この独特な感じが、個人的には大好きなオイルです。

米油を含んでない石けんと使い比べると
ものすごく洗いあがりの違いがわかります。





2010/10/01//Fri * 18:00
●○オリーブオイル

オリーブオイルには、石鹸にすると
洗い上がりの肌を、すべすべとなめらかに柔らかく仕上げる
オレイン酸という脂肪酸がたくさん含まれています。

冷水でも温水でも洗浄力を発揮しますが
皮脂を取りすぎることはありません。

人間の皮脂の中には10%程度含まれている
スクワレンという保湿成分があるのですが、
これが0.5~1%程度含まれており、
保湿効果が高いオイルで知られています。

そのほかにもステロールやポリフェノールなどなど
有用な成分がたくさん含まれています。


ちなみに「マルセイユ石鹸」と言われる石鹸は
オイルのうち72%がオリーブオイルの石鹸です。



★私の作る石鹸には、かなり使用頻度の高いオイルです。
ひと言で言うと、ほど良い保湿力と、酸化しにくい持ちの良さで、万能オイルです。




2010/10/01//Fri * 18:00
●○パーム油・ココナッツ油・パーム核油・ラード

基本的にどの石鹸にも使用しているオイルです。


・パーム油
硬く、溶け崩れの少ない石鹸に仕上がります。

・ラード
動物性油脂で、泡立ちもまずまずで白く硬い石鹸に仕上がります。
少し軽めに仕上がります。

・ココナッツ油
大きな起泡力があり、泡立ちの良い石鹸を作ります。

・パーム核油
ココナッツ油と同じような効果で、ココナッツ油よりも低刺激です。



★これらのオイルを入れないと
ただでさえ柔らかく溶けやすい手作り石鹸は
ものすごーーーく溶けてしまうし、
泡立ちもとても悪くなるので、
私は入れるようにしています。
ただ、あまり入れすぎると肌に刺激が出てくるため、
最低限の使用量を計算して使っています。



<< back [TOP]
copyright (C) 2006 日々のあわ (手作り石けんSopoブログ) all rights reserved. [ template by *mami ]
//